DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

ドライクリーニング

ドライの意味は、乾いた、濡れていない、水気がないです。ドライクリーニングは水を使わないクリーニング方法です。

なぜ水を使わないで衣類を洗えるかというと、水の代わりに有機溶剤を使って洗濯を行うからです。

ドライクリーニングで使用する有機溶剤には、パークロロエチレン、石油系、フッ素系などがあり、特に多く使用されているのは石油系溶剤です。

水に弱い衣類は、ドライクリーニングが推奨されています。どういうのが水に弱いかというと、ウールのセーターやスーツなどです。

これらは、水洗いすると毛羽だったり、縮んだり、型崩れを起こします。ドライクリーニングでは洗浄後、乾燥機で乾燥すると衣類が洗濯前とほぼ同じ状態(形)ででてきます。

水で洗った時の様なシワは殆どなく最小限に抑えられます。

汚れを落とす特徴としては、油が主な成分なので油汚れをよく落とします。食べこぼしが付いてしまったTシャツなど、ご家庭の洗濯機で洗っても油は落とす事ができず残ってしまうということも多いです。そういった汚れは、多くの場合ドライクリーニングで落とせます。

逆に、汗や雨染みなどの水溶性の汚れは落としづらい特徴があります。しかし、ドライクリーニング時には有機溶剤と合わせて微量の水分が含まれるドライよう専用洗剤(ソープ)を入れます。またクリーニング店では、前処理や後処理でドライクリーニングでは落とせない汚れ落としをカバーしている場合もあります。

また家庭用洗濯機にドライクリーニングの品物を洗える「ドライモード」があるかと思います。これは水洗いで弱洗いのことです。出来るだけ衣類に縮みや型崩れなどが起きない様、水流を弱く脱水時も絞りすぎない様にする洗浄方法です。使う洗剤も「ドライ品を洗える」と記載がある中性洗剤を使うのもポイントです。通常の洗剤だと強力で衣類にダメージを与えてしまう可能性があるからです。

以上から、ご家庭では洗えない種類の衣類は、クリーニング店にお持ちいただくことをおすすめしております。